to TRIP TOP (JP)

2013/05  フィンランド/エストニア/スウェーデン

フィンランド/エストニア/スウェーデン行ってきました
 航空券はマイレージでビジネス (^^)/

フィンランド直行の予定が、787の電池の問題で、便がなくなり、フランクフルト経由でヘルシンキへ
泊まったホテルは、ヘルシンキ駅近くの街中心
 
街中心とはいえ、この程度
歩いて1分の街中は いい公園
 

 
中央駅では、アベノミクスの雑誌も売ってました。
 
ヘルシンキ港外の旧要塞
 

 

晩ご飯 ホワイトアスパラとマトンの料理。 今回最高の料理でした
 

 
でも、ヘルシンキは、7階までの建物しかない。。

1日おいて、ヘルシンキの南対岸、旧ソ連のバルト3国の一つエストニアのタリンに(フェリーで、2時間)
 タリンといえば、昔冷戦時代のスパイ小説で よく舞台になったところだ
フェリーの先端は階段状になっていて、昔の”喜楽別館”みたい
 
タリンの街は、ハンザ同盟の街で、中世の街が残っている
 

  
タリンのビアホール
 

 

 

 
中世の街の城壁の下にあるニットの店
 
城壁の上から
 

 



 



ヘルシンキ(フィンランド)からストックホルム(スウェーデン)へ

ヘルシンキからストックホルムへは船で移動
 16:30出帆 翌朝10:00到着 の豪華な船旅/豪華な客室
 下の船の豪華!なスィートルーム(たったの400EU/2人)
 
1等客室のラウンジっだ
 
お船の中のプロムナード
 

400EUに含まれる晩ご飯(味はイマイチだったけど) あと、シャンパンフルボトルと朝ご飯付きだから安い!
 

 

船は、下のような多島海の間を走ります。 残念ながら、当日はガスがかかって眺望イマイチだったけど

多島海の航行。ほんと、島の間50mくらいのところをかすめて航行していく
 
ストックホルムに到着
 

王宮前の衛兵交替
 
ブラスバンドは騎乗でやっている (たぶん正規兵じゃなくボランティアかな)
 



アイリッシュパブで晩ご飯 (いつものことながら なかなかのものだ)
 左:サーモン 右:マトン
  

 
17世紀に初航海10分で沈んでしまったバーサ号博物館
 

 

 

 

 
国王が住んでいる離宮
 

 

 

 

 

 

 
 
 




さてっと 日本へ帰ろう


 


印象
・ヘルシンキもストックホルムも、建物は低い(せいぜい7階だて) → 教会が一番高い
・飯は、いまいち 特に、野菜不足
・ストックホルムの街は、今まで行った中で、一番美しい街だ
・人々は、あんまり賢くない? すっといって、ぱっとこないゎ 数秒反応を待つ必要があるかね
・5月にいったけど、(夏時間もあるけど)日没は22:30頃
・ストックホルムは非常に物価が高い ざっと、2倍くらいの感じ

to TRIP TOP (JP)